富山大学 中路研究室の公式ホームページWeblogブログです。

富山大学 中路研究室の公式ホームページWeblog

【2019年業績】中路研究室・論文発表

物質材料研究機構と京都大学化学研究所との共同研究として,モノリス素材のバイオマテリアル素材としての可能性を調査した成果を論文にまとめました。


掲載:Mater. Sci. Eng. C, 2019, 105, 110108(1-8). (Aug. 20, 2019)

著者:Yoshikawa, C.; Sakakibara, K.; Nakaji-Hirabayashi, T.; Yamazaki, T.; Tsujii, Y.

題目:Well-defined monolith morphology regulates cell adhesion and its functions.


本研究課題は,科学研究費補助金(若手研究A)(15H05353) および 科学研究費補助金(国際共同研究強化加速基金 (国際共同研究強化))(17KK0130) の支援によって挙げられた成果です。


ブログピープル用ランキング
富山大学 中路研究室の公式ホームページです。
http://nakaji-lab.net/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by 中路 正

【2019年業績】中路研究室・論文発表

生体物質を付着させない表面設計の「新しい提案」として、化学的組成(官能基の性質など)と物理学的組成(硬さや柔軟性など)を制御した、薄層ゲル表面の構築手法に関する研究成果を発表しました。


掲載:J. Mater. Chem. B, 2019, 7, 4280 – 4291. (May. 31, 2019)

著者:Yamazawa, Y.; Kato, H.; Nakaji-Hirabayashi, T.; Yoshikawa, C.; Kitano, H.; Ohno, K.; Saruwatari, Y.; Matsuoka, K.

題目:Bioinactive semi-interpenetrating network gel layers: zwitterionic polymer chains incorporated in a cross-linked polymer brush.


本研究課題は,科学研究費補助金(若手研究A)(15H05353) および 科学研究費補助金(国際共同研究強化加速基金 (国際共同研究強化))(17KK0130) の支援によって挙げられた成果です。


ブログピープル用ランキング
富山大学 中路研究室の公式ホームページです。
http://nakaji-lab.net/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by 中路 正

【2018年業績】中路研究室・論文発表

JAIST松村准教授との共同研究として,皮膚の重度損傷を早期に治療することのできるデュアル薬剤徐放ハイドロゲルの開発に関する研究成果を発表しました。特に動物実験による実証評価を担当しました。


掲載:J. Biomed. Mater. Res. A, 2019, 107A, 1094-1106. (24, Jan., 2019)

著者:Patel M.; Nakaji-Hirabayashi, T.; Matsumura, K.

題目:Effect of dual-drug–releasing micelle-hydrogel composite on wound healing in vivo in full-thickness excision wound rat model.


本研究課題は,科学研究費補助金(若手研究A)(15H05353) および 科学研究費補助金(国際共同研究強化加速基金 (国際共同研究強化))(17KK0130) の支援によって挙げられた成果です。


ブログピープル用ランキング
富山大学 中路研究室の公式ホームページです。
http://nakaji-lab.net/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by 中路 正

【2018年業績】中路研究室・論文発表

ドーパミン神経を効率良く培養することのできる「タンパク質アンカーリング培養基材」の開発に関する研究について論文発表を行いました。


掲載:J. Biomed. Mater. Res. A, 2019, 107A, 860-871 (Dec. 26, 2018)

著者:Nakaji-Hirabayashi, T.; Fujimoto, K.; Yoshikawa, C.; Kitano, H.

題目:Functional surfaces for efficient differentiation of neural stem/progenitor cells into dopaminergic neurons.


本研究課題は,科学研究費補助金(若手研究A)(15H05353) および 科学研究費補助金(国際共同研究強化加速基金 (国際共同研究強化))(17KK0130) の支援によって挙げられた成果です。


ブログピープル用ランキング
富山大学 中路研究室の公式ホームページです。
http://nakaji-lab.net/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by 中路 正

【2018年業績】中路研究室・学会発表7

12月15日に福井大学で開催された,第7回日本バイオマテリアル学会北陸信越ブロック若手研究発表会において,以下の研究発表を行いました。


発表番号:W-07 (Oral presentation)
〇西島菜々美,中路 正
パーキンソン病治療のための細胞移植用ハイドロゲルシステムの改良

発表番号:W-08 (Oral presentation)
〇関 愛梨,吉川千晶, 臼井友輝, 岸岡高広, 西野泰斗,中路 正
簡便かつ効率的に単一細胞種を分画するためのシステム開発


これらの研究成果は,科研費(若手研究A)(15H05353),科研費(国際共同研究強化加速基金)(17KK0130),NIMS連携推進制度,日産化学共同研究費の支援によって得られたものです。


ブログピープル用ランキング
富山大学 中路研究室の公式ホームページです。
http://nakaji-lab.net/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by 中路 正

Back to top